ニッポン野遊び化計画

いい歳こいた大人が全力で外遊びをするアウトドアブログ。キャンプ・低山登山にくわえて、バンライフや多拠点居住などのライフスタイル系も。アウトドア初心者にもオススメ。

財布のヒモがユルみまくるアウトドア展示即売会。「パーヴェイヤーズショー」

欲しいものだらけの危険な展示会?

 

今回で第四回目となるPurveyors Show(パーヴェイヤーズショー)は、「旅、アウトドアをもっと日常生活へ」をテーマにキュレーションをする合同展示即売会。

 

2017年3月に群馬県桐生市でスタートしたアウトドアと旅をテーマにしたコンセプトショップ「Purveyors」さんが主催しています。

 

ちなみに“Purveyors “とは英語で「御用達」という意味。

 

そしてショップ公式サイトのTOPにはこんな言葉が。

 

「2017年3月に群馬県桐生市にアウトドアと旅のコンセプトショップをオープンしました。

名前はPurveyors.

僕たちの御用達が、お客様の御用達になってくれたら。そんな思いを込めてつけました。

コンセプトショップなだけに、一口にアウトドア、旅と申しましても僕らの偏った目線でセレクトしています。平均値な情報やお店が多い中、僕らは僕ららしさを追求して行くことが存在意義になるのではと考えています」

 

思わずニヤリとしてしまいますが、心からこの考えに共感。

 

さて展示会の方ですが、今年は原宿キャットストリート沿いのBANK GALLERYが会場。

f:id:zuka3:20181111141016j:imagef:id:zuka3:20181111141034j:image

今回は11/9,10,11の3日間の開催でしたが、初日はバイヤーのみ、一般の入場は二日目からでした。ちなみに一般入場料は¥300。

 

フロアは3つにわかれていてその中に全58のアウトドアや雑貨のブランドがぎっしり。


毎回欲しいものがありすぎて財布のヒモがゆるみまくる、ある意味キケンな展示会です笑。

 

漆黒のテントプランド「MURCO」

入るとすぐに漆黒のテントブランド、MURCOさんのテントが。

f:id:zuka3:20181111141053j:image

埼玉県狭山市の小さな金属加工メーカーが自社工場でつくるそのテントはこの所評価が高いです。ペグやトライポッドのデザインもおシャレ。

 

山形の名店「OUTDOOR SHOP DECEMBER」

そして山形の名店、OUTODOOR SHOP DECEMBERさん。

f:id:zuka3:20181111141117j:image

最近目黒店をオープンして圧倒的に身近になったブランド。その目黒店は先日訪問した際のことを記事にさせてもらいました。

 

www.zuka3.com

 

蓋を耐熱塗装したメスティンのレッドハンドルバージョンがあり、思わ衝動買い。いつもそのカラーリングセンスや発想が絶妙すぎてそそられます。

 

レッドハンドルとのマッチングが絶妙な、新色のベージュのメスティンもありました。

f:id:zuka3:20181111141151p:image

 

四国の「Ocho Camp」

そして四国は高知に根ざすブランド、Ocho Camp(オーチョキャンプ)。土佐でつくられた伝統的な形状の斧をリメイクした洋風ハチェットが無骨でかっこいい。

f:id:zuka3:20181111141308j:image

綿100%でメキシコの伝統柄を編んだアウトドアチェアもなかなか渋いカラーリング。

f:id:zuka3:20181111141433j:image

綿だけに触り心地も座り心地も共に抜群でした。

 

アウトドア木工家具のperegrine funiture

そして木工家具で有名なペレグリンファニチャーさんも。

f:id:zuka3:20181111141510j:image

ここのゴトク「スター」のデザインは本当にプロダクトとしてすばらしい過ぎてMOMAに展示してもいいくらいな気がします。

 

こだわりのMade in Sweden 「CRUD 

こちらはスウェーデンCRUDというブランド。メイドインスウェーデンにこだわったブランドで、オイルドキャンパスのタフそうなリュックが洗練されたデザインで目につきます。

f:id:zuka3:20181111141531j:image

レザーの手袋やファイヤースターターも。

f:id:zuka3:20181111141555j:image

少し価格帯高めですがクオリティの高さは見ればすぐにわかります。

 

サステイナブルなメガネブランド「Waiging for the Sun」

2Fにあった眼鏡ブランドのWaiting for the Sunはサステイナブルな素材を使った眼鏡フレームが特徴。

f:id:zuka3:20181111141621j:image

フランスのパタゴニアショップでセレクトされた唯一のブランドだそう。自然に分解するセルロイドや木製のフレームがナチュラルな印象を醸し出しています。

 

収納にアイディア満載「YOKA」

こちらは折りたたみ方のアイディアのある木製チェア&テーブルにファンが多いYOKAさん。

f:id:zuka3:20181111141721j:image

最近は鉄製の焚き火台や四角い洗練された印象のフライパンなどの新製品を意欲的にリリースしています。

f:id:zuka3:20181111141750j:imagef:id:zuka3:20181111141747j:image

 

アウトドアのバッグに定評「rawlow mountain works 」

そしてみんな大好きrawlow mountain worksさんはいつもとは違うラインナップ。

f:id:zuka3:20181111141808j:image

帆布にデザイン性のある裏地をボンディングした生地が特徴の、丸みのあるデザインがかわいいトートバックを展示していました。もともとバッグデザイナーのオーナーさんは、「実はこっちのデザインの方が元々は本業だったんです」とおっしゃってました。

 

というように、すべてを紹介しきれないほど魅力的なブランドが大大大集結している展示会「Purveyers Show」。また次回も散財覚悟で足をを運びたいと思います。

 

・Purveyors Show(展示会)

https://purveyors-show.tokyo

 

・Purveyors(Shop)

http://purveyors2017.jp

群馬県 桐生市仲町2-11-4 Purveyors

0277-32-3446

営業時間 : 11:00 ~ 18:00

道順 : 桐生駅北口駅前の通りを西へ1キロ右手にございます。 徒歩5分